投資信託その4:投資信託安心通信



投資顧問会社とは一体何?

投資顧問とは、投資家に、株式や債券などの有価証券についての銘柄、数量、価格、売買の時期など投資判断についての助言する業務することが仕事です。
投資顧問業にも2種類の業務があるそうです。

1.投資助言業務は投資助言のみを行う業務のこです。
 投資判断は投資家自身で判断しなければいけません 。
 これは投資顧問契約はしないことになっているようです。

2.投資一任業務は投資判断と投資に必要な権限を投資家より委任されます。
 また投資一任業務では投資顧問契約を結びます。

投資顧問会社とは、証券投資(株式や先物や債権など)などに関するアドバイスをおこなう会社です。
株式や債権などの有価証券に対して銘柄や価格や数量など投資判断を有償で投資家にアドバイスを行います。

また投資信託や投資法人を運営する会社に資産運用のためにやるべき事を一任することを言います。

そしてお客様と投資顧問会社との間で「投資顧問契約」を結びます。
その契約内容に基づいてアドバイスを提供する仕事のことを投資助言業務と呼びます。

実際の投資判断や売買、資産運用などお客さん自身で判断してもらいます。
投資顧問会社はアドバイスをするだけです。

また投資判断の全部または一部、そして売買注文など資産運用をお客様に代わっておこなう仕事のことを投資一任業務と言います。

お客様は投資一任業務をしてもらう投資顧問会社と「投資一任契約」を結びます。
そして、報酬として投資顧問会社に投資顧問料を支払います。
ギブアンドテイクというわけです。

投資顧問会社は以下のことは法律で禁止されています。
1.顧客を相手方として又は顧客のために証券取引行為を行うこと。
2.投資顧問業者と密接な関係にある者が、いかなる名目によるかを問わず、顧客から金銭・有価証券の預託を受けること。
3.顧客への金銭・有価証券の貸し付け、又は貸付の第三者への媒介、取次ぎ、代理を行うこと。

いかがでしたか?
なんとなく投資顧問会社のことについて判っていただけたのではないのでしょうか?
posted by 投資信託 at 06:58 | 投資信託その4

日経225連動型の上場投資信託の紹介

日経225(日経平均株価)とは、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象として算出する株価指数です。
これは、東証株価指数(TOPIX)と並んで日本を代表する株価指数です。

日本経済新聞社が毎分、算出・公表しています。
また、著作権なども保有しています。

なので、「日経」を名称に冠しているのです。

日経225に関するETFが代表的なものといえます。
ETF(株価指数連動型投資信託)とは、取引所で取引される株価指数連動型の投資信託のことです。

ここでいう「Exchange」とは証券取引所のことのようです。
ETFの正式な名称は「株価指数連動型投資信託」らしいです。

銘柄としては、ダイワ上場投信-日経225(大和證券投資信託委託)・日経225連動型上場投資信託(野村アセットマジメント)・iシェアーズ日経225(バークレイズ・グローバル・インベスターズ)・上場インデックスファンド225(日興アセットマネジメント)などがあるようですね。

またインデックスファンドなので、どの銘柄の値動きもほとんどおなじようですね。
どれを選ぶかは、手数料や自分の手持ちの証券口座などによります。

日興の投資信託などなら、投信スーパーセンターが手数料がお徳ですよ。

野村アセットマネジメントが運用をしているETFの一つで紹介しておきましょう。
それは、日経225に採用されている、または採用が決定された銘柄の株式のみに投資している投資信託があります。
これは投資家の皆様の投資元金は保証されているものではありません。

市場取引価格または基準価額の下落により、損失がでることもあります。
そのことを覚えて覚えておいてください。
posted by 投資信託 at 09:00 | 投資信託その4

海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは

海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは各種海外株価指数への連動を目的に運用される投資信託のことです。
これは、外国株式と同じように海外証券取引所に上場され、海外証券取引所を介して売買されています。

一般の投資信託の場合は、その日の基準価額でしか買付・解約申込みを行えません。
しかし、海外ETFの最大のメリットは「株価指数に連動することを目的に運用されているというわかりやすさ」です。

また「分散投資のメリット」を備えつつ通常の外国株式と同じように市場での指値注文が可能なことがあげられると思います。
(海外委託取引の場合)。

また大和証券では一部の銘柄については国内店頭取引も設定されているそうです。
売買ルールも外国株式と異なる特別なルールなどはないそうです。

海外ETFのメリットは株価指数への連動を目的に運用されるため値動きがわかりやすいことです。
ですからく、相場を見ながらリアルタイムで売買ができます。

一般の投資信託と比較して信託報酬が安く設定されています。
ですので、長期投資にも最適でお勧めできます。

また幅広い銘柄への分散投資が行われます。

ですので、個別株式への投資と比較して、リスクの分散ができるようです。
このようなことが海外ETFのメリットでしょう。

また海外ETFの投資に対する注意点があります。
それは、前にも述べた為替リスクの存在に加え、情報の少なさです。

日本語での情報を得ることが難しい商品もあります。
そのため、初心者の方にとっては数ある商品の中から自分に合う商品を選ぶことがかなり難しいと思っておいてください。

ですから、最初は分散効果が高い複数の国の市場に連動する商品から始めましょう。
そして徐々にETFが広がりを見せる中で情報も集まってくることと思います。
このように簡単なことからはじめて段階的にあげていったほうが良いでしょう。
タグ:海外ETF
posted by 投資信託 at 08:20 | 投資信託その4

新興国市場株投資信託の魅力とは?

ここでは新興国市場株投資信託についてみていきます。
世界経済の将来予測の中で、新興諸国「BRICs」(ブラジル、ロシア、インド、中国の各国の頭文字をとった造語)が注目の的です。

「BRICs」諸国はいずれも2050年には世界でトップクラスの経済大国になると予想されています。
一足先に投資対象としての評価を高めた中国株式・インド株式に投資する投資信託に加え、その評価が急速に高まってきたアジア諸国に投資する投資信託が現在人気沸騰中です。

新興国市場毎月分配型投資信託、インド株や中国株で運用するファンドをはじめとして、人気の高い銘柄を扱っているようです。
またリスクヘッジの観点から世界への分散投資を検討しましょう。
分散投資はリスクヘッジとしては基本中の基本です。

BRICsといった国々の成長はこれからという状態、現在の状態であらかじめそういった国々の株式を保有しておけば、後々特をするはずです。
そのわけはその新興国の成長の恩恵を一手に受けるからです。

株価で表現するなら10年で3倍、4倍の世界のようです。
しかし新興国市場株投資信託は、こんなハイリターンが見込める商品だけに、当然リスクも高いと考えておいてください。
まさにハイリスクハイリターンの世界です。

ハイリターンが期待できるのはあくまで経済が順調に流れていけばの話です。
しかしそのような安定した社会が絵に描いたとおりできるとは限りません。

新興国というのはまだ成長しきっていません。
ですから、経済のバランスが少し崩れただけで、一気に崩れていくことも考えられます。

また国の方針が変更されたときなども大きな影響を受けます。
そして、経済が崩れることも想定できます。

ですから投資信託では、リスクとリターンの兼ね合いこそ大切です。
これは新興国市場株投資信託に限りません。
posted by 投資信託 at 10:46 | 投資信託その4

インド株投資信託ってどう?

日本国内でインド株式投資信託が設立されたのは2004年のことのようです。
今では10本程度のインド株式投資信託があります。

そして商品数はまだまだこれから増えていくことが予想されます。

インドの経済は知的集約型産業とです。
現在インドと言えば、IT大国として知られていますね。

インドのコンピュータの技術は非常に目を見張る物があります。
また、今では医療分野の発展などが知的集約型の産業と呼ばれる理由のようです。

インド株投資信託は、インド株の速報や動向を知るには投資戦略をきちんと立てましょう。
そうすることでインド株の株価の変動にも対応が可能です。

戦略なしに投資をおこなうことは危険なことですね。

証券会社でもインド株だけでなく、いろんな投資方法などのセミナーを無料で開催しているところもあるようです。
ここでは、調査方法、ネットでの情報の集め方などを学習することが可能です。

インド株投資信託が人気を集めている理由としては、以下のような理由があります。
1.人口が多い(10億人程度です。)
2.若年労働力が多い。(今後も人口増加が見込めます。)
3.ITの発達。(アメリカからのアウトソーシングでITはかなり発展しました。)
4.G7へオブザーバーとして現在参加。(世界経済の中心へ接近している。)
5.中東に近いので、原油の調達が簡単。
6.インフラの未発達。(IT産業で得た収入で経済が発達する可能性が期待できる。)

このようなことが上げられています。

インド株投資信託については、リスクを減らすために時期を分散して購入しましょう。
それがお勧めの投資法です。
posted by 投資信託 at 08:28 | 投資信託その4

アジア株投資信託の人気

アジア株投資信託では、ベトナムをはじめアジア各国の株の投資信託が人気のようです。
アジアの新興国の経済がこれから伸びそうだということに注目しています。

なぜなら、投資する国や具体的な銘柄選びをする判断材料となる情報もないし難しいと思っているような人たちが、おそらくアジア新興国の株を対象とするアジア株投資信託に注目しているのだろうと推察されます。

アジア広域を対象としたアジア株投資信託では野村アセットの「アジア好配当株投信」が1ヶ月たらずで残高が3千億円を越えたとのことです。
これはすごいですね。

アジアの中でもここ数年の経済成長率が8%前後と中国に次ぐ勢いのベトナム株ファンドが特に人気があるようです。
今年に入ってから新ファンドが相次ぎ設定されているようです。
これはWTO加盟という追い風もあります。

ダイワ・アジア新興国株ファンドはマザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として、中国(香港を含みます)・インド・東南アジア・エマージング諸国に投資します。
狙いは、信託財産の成長をめざすアジア株投資信託です。

株価に連動する有価証券を活用する場合があります。
しかし、保有実質外貨建資産について、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは行なわないということです。

またこのアジア株投資信託のリスクは、株式へ投資するリスク、価格変動リスク、信用リスク、外貨建資産への投資リスク、為替リスク、カントリー・リスクなどや、その他解約申込みに伴なうリスク、短期金融資産の信用リスク、証券の組入れに時間を要するリスクなどいろいろとあります。

ですので、このようなことを十分考慮して判断してください。
そうしないと痛い目にあうかもしれません。
posted by 投資信託 at 08:53 | 投資信託その4

中国株投資信託のすすめ

13億人の巨大な人口を有しながらも高い経済成長を持続する中国は、アジア経済のみならず、世界経済を牽引する存在にまでなりました。
2008年の北京オリンピック、2010年の上海万博を控え、今後も中長期的な成長が見込めます。

そんな中国経済の成長に対して、あなたの資産形成に利用可能なのが中国株投資信託なのです。
中国株に投資したいと思っている方は多いと思います。
あなたはどうですか?

しかし、魅力を感じながらも実際にはなかなか購入に踏み切れないという方も多いようです。
中国株が驚異的な伸びを見せた2001〜3年と比べて、現状はそこまでの伸びは期待できません。

それでも、世界経済で重要な地位を確立しているのは中国といってもよいでしょう。
中国株が魅力的とは言っても、日本の株式市場でさえ、確立した投資法で利益を確定しているわけではありません。
それなのに、外国の投資をするのは怖いと感じるのは当然です。

そのような不安を取り除いてくれるのが投資信託の利点だといえます。
投資信託は専門集団が最適な投資を検討します。

しかし、やはり中国のこと、中国株のことを少しは知っておかないと、心もとないかもしれません。
このようなことを知っておかないとどの投資信託の商品を選べばよいのかもわかりません。

最低限、中国市場・中国株について勉強し理解する必要があるといえるでしょう。
最近の中国経済は加熱しています。

バブル的な様相を帯びているという指摘もあります。
また、中国企業の財務情報の信頼性、高成長に伴う環境破壊や貧富の差の拡大などの歪み、民主化が遅れ汚職を生みやすい風土など、のリスクもあります。

このように現在の日本の株式投資ではなかなかくみされにくい各種リスクにも気おつけておきましょう。
posted by 投資信託 at 20:20 | 投資信託その4

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。