投資信託その2:投資信託安心通信



投資信託の手数料の参考

ここでは投資信託の手数料について紹介したいと思います。
投資信託の手数料は、投資信託を行う人にとってはとても重要なことです。

一体投資信託の手数料というのはいくらくらいなのでしょうか。
あなたはご存知ですか?
投資信託の手数料はそれぞれ投資信託の時期によって支払う投資信託の手数料は違ってきます。

まず投資信託を購入したときに必要な投資信託の手数料には、申込手数料というのが必要になってきます。
これはファンドごとに違っています。

しかも手数料には消費税も加えられます。

そして投資信託の手数料には、収益分配時にも手数料がかかってきます。
所得税や地方税です。

そして投資信託の手数料は、換金をする時にも必要になってきます。
換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのです。

この投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、場合によっては換金手数料が無料のファンドもあります。
投資信託の手数料には信託報酬というものがあるようです。

投資信託を運営している遠泳会社の収入なのですが運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われる形になります。
そして投資信託の手数料には、信託財産留保金と呼ばれる手数料が必要です。

この投資信託手数料は投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。
また、解約手数料が必要になるファンドもあります。
その場合には投資信託手数料として、解約手数料が必要になってきます。

あなたも投資信託を選ぶときは十分手数料を比較検討して出来るだけ手数料は安くしたいものですね。
posted by 投資信託 at 07:24 | 投資信託その2

投資信託の分配金あれこれ

ここでは投資信託の分配金について紹介したいと思います。
投資信託の分配金というのはなんでしょうか。
あなたはご存知ですか?

投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や一部の新田k財産の中から、投資家に配られるお金の事です。
これが投資信託分配金とです。

株をやっている人なら配当金や債券と呼ばれるものが配られます。
しかし投資信託の場合には投資信託分配金として配られることになります。
投資信託分配金は、分配原子の中で支払われることになります。

投資信託分配金は、毎期ごとに支払われるのが普通のようです。
決算の基準の価格は、投資信託分配金の分だけ金額が下がるようです。
投資信託分配金を受け取るときには、二つの方法で投資信託分配金を受け取ることが出来ます。

一つ目は、投資信託分配金の支払われたものをそのまま受け取るという分配金受け取り型と呼ばれる投資信託てず

二つ目は、投資信託分配金で支払われたものをそのまま同じ投資信託に投資するという分配金再投資型と呼ばれる投資信託です
この二つに投資信託分配金は分けられています。

投資信託分配金が出る投資信託は、このように二つのタイプに分けられていて、販売している会社では、あなたご自身でどちらを選ぶのか選択できます。

投資信託分配金再投資コースは、投資信託分配金から税金等を引いた額を決算日に再投資されるというスタイルです。
このときには販売手数料は必要ありません。

投資信託分配金はそのまま受け取るのか、また投資にまわすのか選んで継続して投資を行うことが出来ます。
あなたも上手に分配金を活用してください。
そして利益をだしてくだい。
posted by 投資信託 at 10:31 | 投資信託その2

投資信託の始め方、買い方の方法

ここでは投資信託の始め方、買い方について紹介したいと思います。
投資信託をこれからはじめようと思っている人は、投資信託の始め方や買い方をある程度知識を入れてから行うことで投資信託をスムーズに始めたり買ったりすることができるのではないでしょうか。

私はそう思います。

まず投資信託の買い方から見ていきましょう。
投資信託を始めるには口座を開設しなければいけません。
投資信託を販売しているのは証券会社などです。

ですからその証券会社に口座を作ります。

証券会社で口座を作った場合には、普通の証券取引と同じ口座で投資信託以外の業務を行うことも出来ます。
またネットだけで行っている証券会社の場合には、口座を管理する手数料は必要がありません。
しかし大手の証券会社の場合には口座を維持するのに管理費が必要になるところがあります。

ですから投資信託を始める場合には、まずは口座を開設しましょう。
そして口座を開いてからは、投資信託の商品を選びます。

それから投資信託の違いを色々と比較して商品を選びましょう。
投資信託によっては購入可能な時期と解約可能な時期が違っています。

投資信託はいつでも購入したり売ったりすることが出来るところもあります。
しかし制限されているとこともあります。
そういったことを十分確認しておきましょう。

そして投資信託の商品を選ぶことが出来たら、次は投資のスタイルです。
この投資スタイルを考えましょう。

投資信託にはタイプがそれぞれ違っています。
投資信託は積み立て投資信託と一括投資信託というタイプの投資信託があります。

積み立て投資信託の場合には毎月少しずつ投資するというものです。
また、一括の投資信託のタイプは、一括であらかじめ投資しておくというタイプです。

そして投資信託を始める準備が出来ました。
ここからが投資信託の買い方です。

投資信託を買うときには、1口1円で1万口から買い始めることができます。
投資信託は基準価額があります。
ですから、1万円からしか投資を始めるということになります。

投資信託の買い方ではまずは1万円分買うというのが初めの投資信託の買い方です。

いかがでしたか?
投資信託の始め方の流れが少しはわかっていただけたのではないでしょうか。
理解できたのでしたら早速投資信託を始めてみましょう。
posted by 投資信託 at 22:18 | 投資信託その2

投資信託の選び方その1.投資の目的と期間を決めましょう。

投資信託の選び方のポイントとしては、投資の目的や期間によって投資信託を選ぶという方法があります。
ここでは投資信託の選び方についてみていきます。
では投資の目的はなんでしょうか?

それはあなたがどんな投資スタイルで投資をしたいのか、目的をまずはしっかりと決めたほうがいいです。
投資信託の目的がしっかりしていればその目的に合わせた内容のファンドを選べばいいのです。

ではあなたはどのような投資をしたいのでしょうか?
あまり危険性のない、安全な安定している投資信託を目的としたいのなら、公社債型の投資信託がオススメです。
初心者の投資信託はこの型が安心できます。

そして投資信託の上級者で、積極的に投資信託を活用したと思っている人は、株式型の投資信託がよいでしょう。
このように投資信託の選び方では、まず自分がどんな投資をしたいのか目的をしっかり立てて選ぶといいでしょう。

そして投資信託を選ぶときには期間によって選ぶという方法もあります。
追加型と呼ばれる投資信託の期間は10年以上、または無制限の長期的な物です。

そして単位型と呼ばれるものは、大体単位が決められていて5年から7年くらいの期間で投資信託を行います。

ですから投資信託を選ぶときには、自分がどれくらいの期間投資をしようと考えているのかということも投資信託の選び方のポイントの一つになります。

このように投資信託の選び方には、目的をしっかりとさせて自分の投資のスタイルを決めることと、投資をする機関をある程度決めておくということが肝心です。
そうすることであなたにぴったりの投資信託を選ぶことができるのです。
posted by 投資信託 at 22:21 | 投資信託その2

投資信託の選び方その2.リスクとリターン率のバランスの重要性

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを考えたほうが良いと思います。
なぜなら、投資信託の商品というのもそのもの自体がリスクのある商品だということをまず認識しておいてください。

よく耳にするのが投資信託は、ハイリスクでハイリターンだということをだと思います。
あなたも聞いたことがあるかもしれませんね?

しかしローリスクでローリターンというファンドも中にはあるかもしれません。

では投資信託のリスクとリターンとはどのようなものでしょうか。
あなたぱご存知ですか?
投資信託を選ぶときにはリスクとリターン率おバランスと入ったもののリスクとリターンがわからなければ意味がありません。

まずリターンというのは、ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのかということを収益率に換算したものです。
値上がり以外にも値下がりにも対応しています。

普通には、基準価額の値上がり分に投資信託分配金の受け取れる分を足したものが年率で表示されています。

そして投資信託のリスクというのは危険性です。
またリスクとは、損失の事という意味として理解されてもいいと思います。

大体投資信託ではリターンが大きいと見込まれているということは実はリスクも高いということがセットになっています。
そしてリターンが小さいということは、リスクも低めというのが常識です。

投資信託を選ぶときには、最悪のリスクを自分がどの程度負担することが出来る考えましょう。
そして、リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶということが一番重要だと思います。

リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょう。
そうすれば投資信託で失敗するこもないでしょう。
posted by 投資信託 at 22:27 | 投資信託その2

投資信託の選び方その3.騰落率やベンチマークなど運用実績をチェックしよう。

ここでは投資信託の選び方の騰落率やベンチマークなど運用実績について紹介したいと思います。

その前に、騰落率というのは何でしょうか。
あなたは知っていますか?

投資信託を行っている人ならわかるかもしれません。

しかし、投資信託の初心者の場合には騰落率という言葉からわからないかもしれません。

追加型の株式投資信託では運用の成果を数字で見る場合には騰落率という指標を使って表示するんだそうです。

追加型株式投資信託では決められた期間の、基準の価額の動きというのはパーセンテージで現します。

これが騰落率なのです。

例えば、基準価額が10800円だったとして、半年たって基準価額が10500円になったとします。

ということは、この場合の投資信託の騰落率というのは半年で−2.78パーセントになったとうことです。

では基準価額が10500円だったとします。
そして半年後には11000円になっていたとします。

この場合の投資信託の騰落率はどうなるのかというと、半年で+4.76パーセントということになります。

これが一定の期間での基準価額の動きをわかりやすくパーセンテージしているものが騰落率です。

色々な会社の追加型株式投資信託の騰落率を比べてみるということは投資信託を選ぶときにはとても参考になると思います。

またベンチマークの騰落率と比べてみると成果がよくわかります。

投資信託を選ぶときには騰落率やベンチマークを見るということは運用実績がよく判ることが出来ます。

ですからそれを元に投資信託を選ぶというのは賢い投資信託の選び方です。

ぜひあなたも投資信託を選ぶときは騰落率やベンチマークをみて運用実績を参考にしてください。
posted by 投資信託 at 22:40 | 投資信託その2

投資信託の選び方その4.評価会社の格付けをチェックしましょう。

ここでは投資信託の選び方の一つとして、評価会社の格付けをチェックするということについて紹介したいと思います。
投資信託を選ぶときにはいろいろな投資信託がありますから、その中から投資信託を選ぶというのは非常に大変です。

そんな時には、投資信託を評価している第三者の会社があなたの投資信託選びの参考になってくれます。
その格付けを参考にするというのはとても投資信託を選ぶ上でとても重要になってきます。

実は投資信託を評価会社の格付けをチェックして選ぶという方法は、アメリカでは昔からよく行われている方法だったそうです。
アメリカでは昔から投資信託がとても盛んに行われているのです。

日本でもやっと最近になって投資信託を評価する会社が増えてきました。
ですから投資信託のサービスやパフォーマンスなどを評価して格付けをしているんだそうです。

投資信託の評価というのはどこで知ることができるのかあなたは知っていますか?
それは、インターネットなどで知ることもできます。
また経済雑誌などにも掲載されていることが多いようです。

やはり投資信託を選ぶときには、投資信託を販売してる人からの情報をそのまま受け入れるのは止めましょう。
できれば、第三者から投資信託の評価を格付けしてもらって公平な立場の意見を聞くということが重要です。

投資信託の評価をしている機関は沢山あります。
ですから、インターネットなどで検索してみて、投資信託の評価を参考にして投資信託を選ぶと失敗なく投資信託を選べるはずです。

投資信託を第三者から評価した意見を参考にするのはとてもいいことです。
あなたもぜひ投資信託を選ぶときはこの投資信託の格付けを参考にしてください。
そうすることであなたのリスクが小さくなるはずです。 
posted by 投資信託 at 22:20 | 投資信託その2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。