投資信託:投資信託安心通信



投資信託の仕組みご存知ですか?

投資信託とはどういった仕組みなかあなたはご存知でしすか?

投資信託の仕組みは、投資家から集められた資金をもとに販売会社・運用会社・管理会社の3者が役割を分担します。
そして、効率的に運用されている仕組みを投資信託というのです。

投資信託の募集・購入や換金、および分配金・償還金の支払いなどは、証券会社で行う仕組みとなります。
そして、証券会社では投資信託に関するさまざまな質問や相談も気軽受けられます、

こうしてみると、証券会社は個人投資家と投資信託をつなぐ窓口になっています。

また、運用会社が直接投資家に投資信託を販売する場合もあります。
うれしいことに法改正で銀行、信用金庫、信用組合、保険会社などでも投資信託を購入できるようになりました。

次に、運用会社である投資信託会社などで、その資金をもとにファンドを組成します。
そして、管理会社へ運用の指図を行う仕組みです。

投資信託は、運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資します。
このようにしてファンドは、資金の管理を行います。

このように運用によって得られた収益は、販売会社などを通して投資家へ
還元されます。

このとき分配金や基準価額へ上乗せされます。

長引く超低金利と将来受取る年金や退職金に対する不安がある時代です。

リスクヘッジを考えてお金を「貯める」だけでなく、「殖やす」ことも
これからの時代必要になってきます。

今まで「殖やす」ことに興味がなかった方も、将来に向けて中長期的な運用に適している
投資信託の仕組みを利用してみてはいかがでしょうか?

バランスのとれた資産作りをしてこの激動の時代を乗り切りましょう。

いかがでしたか?資金を増やすということをやってこられてこなかった方は投資信託などに
対して不安を感じるかもしれませんね。

たしかに、確実に資金が増えるという保障はありませんが、現在は自治体すら破産する時代です。
安全神話は完全に過去のものとなりました。

少しでもリスクヘッジをするためにも投資信託を利用してみてください。
posted by 投資信託 at 13:44 | 投資信託

投資信託の種類

ここでは投資信託の種類について見ていきたいと思います。
投資信託の種類は、運用対象によって大きくわけて2種類です。

株式投資信託と公社債投資信託という種類になります。

ではまず株式投資信託につして見ていきましょう。
株式投資信託という種類は一般に、株式を組み入れて運用することができる投資信託です。
株式を中心に、債券やCD・CP、コールといった短期金融商品も運用対象となります。

しかし約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用する種類も存在します。

では株式投資信託の買付けの分類をみていきましょう。
一定期間しか募集しない単位型と、いつでも購入できる追加型の2種類があります。

株式投資信託では、値動きが大きくもっともリスクの大きい商品です。
株式の投資先は日本株に投資するものと外国株に投資するものとがあります。

株式は大幅な値上がり益を得ることも出来ます。
しかし、大きく損失を出す恐れもあるというのが株式投資信託の特徴なのです。

次に公社債投資信託についてみていきます。
公社債投資信託という種類は、株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に運用していきます。
また、公社債投資信託は短期金融商品も運用対象としています。

しかも、商品の種類もいろいろあります。
ちょっと商品の種類を見いいきましょう。

MMFや中期国債ファンドなどのようにお金の必要な時に当日に換金ができる種類のもの、
または1年複利効果が期待できるもので期間が自由なものなど、

好収益に加えて使い勝手に優れた便利な種類がめじろうしです。。

この公社債投資信託をお勧めの人は次のような方です。
緊急な事態のために備えたお金を運用したい人。
近い将来使う予定のあるお金の運用をしたい人。

こういったニーズに最適な投資信託の種類です。

こういったことをみていくと公社債投資信託はその性質上、値上がり益を狙うというのは期待できません。
利息収入を重視する商品なのです。

これは値動きが小さいぶんリスクも小さくなります。

ここで、いままでのことをまとめてみたいと思います。
まず、ハイリスクハイリターンを期待する人は株式投資信託を選択したほうが良いでしょう。
ただし、余っているお金を投資するようにしてください。投資資金が減ることも十分考えられます。
まちがっても生活費をふやすためにこちらに投資してはいけません。

また、ハイリスクは背負いたくないという方は公社債投資信託を選択してみたらよいでょう。
利回りはそれ程よくありませんが、安定しているので株式投資信託よりも安心です。

posted by 投資信託 at 11:10 | 投資信託

郵便局で扱う投資信託あれこれ

郵便局(日本郵政公社)で取り扱っている投資信託には、ゆうゆうファンドシリーズと呼ばれています。、

ではここで郵便局で取り扱っている投資信託の種類をみていきましょう。
次のものがあります。

・野村世界6資産分散投信
・大和ストックインデックス225ファンド
・GS日本株式インデックスプラスは昔から販売されている郵便局で扱う投資信託ファンドです。、

また、2006年6月12日から新規に追加された郵便局で扱う投資信託ファンドがあります。
・住信日本株式SRIファンド
・日興五大陸株式ファンド
・日興五大陸債権ファンド(毎月分配型)
・DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)などです。

郵便局の野村世界6資産分散投信については、複数資産へ投資することでコースを選択可能にした投資信託なのです。

郵便局の大和ストックインデックス225ファンドは日本を代表する企業に投資します。
これは日経平均株価に連動するように日本の株式市場を代表する225銘柄の中から各業種ごとに銘柄を選出し手投資しています。


郵便局のGS日本株式インデックスプラスは日本株式に投資し、長期的にTOPICS(東証株価指数)を
上回る運用成果を目指す投資信託です。

また、郵便局で扱う投資信託で住信日本株式SRIファンドというものなどがあります。、
SRIとは社会的責任投資のことなのです。

企業は利潤の追求は当然です。
その利潤の追求は、企業を取り巻く人や組織、環境に対しても積極的に考慮し、
責任を負った上で行うことを要求されています。

こうした企業の社会的責任という視点の評価することで構築しているのがこのファンドの特徴なのです。
posted by 投資信託 at 09:19 | 投資信託

不動産投資信託とは

あなたは不動産投資信託という言葉をご存知ですか?

不動産投資信託とは、投資家から集めた資金等で不動産を所有します。
そして、その集めたお金の管理・運営を行ない、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当されるのです。
この新しい投資信託の仕組みを不動産投資信託と言います。

これまでの投資信託では、投資の対象は株式や債券など「主に有価証券」と決められていました。
しかし、2000年11月に施行された改正投資信託法によて不動産等を運用対象とする投資信託が認められました。
それが不動産投資信託の誕生のいきさつです。

不動産投資信託のメリットとしてあげられるのは不動産の賃貸料は定期的な収入です。
また、不動産は短期間に大幅に変動しないので投資家に支払われる分配金が比較的安定していることです、

値動きが相対的に小さいことも挙げられています。

また、賃貸料などは物価とともに値上がりする傾向にあります。
そのため不動産投資信託はインフレに強いとも言われるのです。

ただ、そうはいってもこの不動産投資信託にも問題点があります。

その不動産投資信託の問題点としては、第一に、金利上昇に弱い点が挙げられます。

これは投資法人が不動産を購入するために借り入れを行うため金利上昇に不動産投資信託は弱いのです。
現在は低金利で借り入れを行っても金利コストは低く抑えられます。

しかし、いったん金利が上昇すると金利の負担は大きくなります。
また、安定的な賃貸料収入が期待されると言っても、優良テナントがビルから退去した場合や不景気によりテナントが入らない
時、賃貸料を引き下げなければならない、ということも起こる可能性があります。

不動産投資信託はまた、新しい商品です。
情報開示などの点でもまだ十分とはありません。

不動産投資信託はこのような問題があります。

どうでしたか?こういったことを考えてリスクを把握して
投資先として選んでみるのも良いかもしれません。
posted by 投資信託 at 22:02 | 投資信託

投資信託の比較

投資信託はどこが良いのか解らないですよね?
投資信託は大きく分けると2つに分類されます。

公社債投資信託と株式投資信託です。

MMFや中期国債ファンドなども公社債投資信託に分類されます。
公社債投資信託を比較・分類する際のチェックポイントは主に債権の残存期間となります。

また、外貨MMFでは通貨や金利の比較も重要となります。
規約上株式も組み入れ可能である投資信託ということで株式投資信託に分類されます。

世界中の公社債に分散投資している投資信託としても規約上は株式の組み入れが可能なため株式投資信託に分類されます。
株式投資信託は投資する国や地域、株式と公社債の組み入れ比率などを比較することにより商品性を比較することができます。


投資信託の比較には次のようなものを検討してください。
純試算額、リスク・リターン、運用コストです。
例をあげれば株式投資信託の販売手数料は投資信託を販売している銀行や証券会社ごとに異なります。、

ですので、よく調べて余分な費用をできるだけ少なくしましょう。。

見るべき対象をあげると、

手数料で比較、
注文機能で比較、
取扱商品で比較、
外国株で比較、
信用取引で比較、
情報ツールで比較、
ユーザーサポートで比較などです。

取扱商品の比較ということでは、取扱商品が多ければ分散投資も可能になります。
また投資の成功の鍵は情報の多さです。
そういった理由からも、情報ツールの多さも大切です。

人気の株主優待情報や投資アドバイスなどの情報は、多くあるほど売買タイミングを判断するのに役立ちます。

あなたも大切なお金を預けるときはしっかりと比較検討してください。
posted by 投資信託 at 10:01 | 投資信託

投資信託基準価額って

あなたは投資信託基準価額というのをご存知ですか?

投資信託の基準価額というのは、投資信託を購入したり、売却(換金)する際に使われる値段のことです。
この基準価額は、毎日算出されて変化します。

基準価額は、投資信託(ファンド)に組み入れている有価証券などを全て
日々時価評価することで、利息・配当金等を加えて資産総額を算出し、そこから運用にかかるコストを差し引きます。

そして、純資産総額を算出し、そしてそれを受益権口数で割ったものを基準価額と言います。
つまり、「基準価額=信託財産の純資産総額/受益権口数」となり、基準価額は日々変動するのです。
基準価額は投資信託の買付代金や解約による受取代金を算出する際の基礎です。

投資信託の基準価格とは、株で言うと株価に当たり、投資信託の中に組み込んでいる株や債券の価格が上がれば、
基準価格も上昇し、価格が下がれば、基準価格も下がります。

基準価額は購入した金融機関に問い合わせる方法もあります。
しかし、郵便局も含めてほとんどの会社のものがサイト上に載っています。
あなたの投資信託の中味が、株を中心にしたものなら基準価額の変動が大きい事が予測されます。

また債券中心なら、基準価額はあまり大きな変動はありません。。

しかし、どちらも元本を割る可能性があることは、頭の片隅において置いてください。。

また、日本経済新聞の株価欄近くにオープン基準価格という欄があって、ここで運用会社別に基準価額が記載されています。
こちらでも確認してもよいでしょう。

こういったことはくれぐれも十分慎重におこなってください。
そして、投資にはリスクは存在することを忘れないでください。
posted by 投資信託 at 23:18 | 投資信託

投資信託のランキングとは?

投資信託を選ぶ1つの要因としてランキングがあります。

投資信託のランキングには、雑誌や新聞で1カ月や1年という短期的な投資信託のランキングが掲載されます。
しかし、短期的な騰落率にこだわることは投資信託のランキングでは危険です。

それは短期的なのでランキングがころころ変わるからです。良いものが悪くなったり、また、逆もあったりと
色々です。


5年前に投資信託のランキングで上位半数に連続ランクされたファンドのうち、5年後の今も上位半数を維持している
優秀なファンドは11本のうち1本しかないという統計もあります。

あまり目先の投資信託のランキングに拘るのは危険です。
ではカテゴリ分類からどんな投資信託のランキングがあるのか見てみますと、

・短期運用の運用成績ランキング
・長期運用の運用成績ランキング
・最も広く保有されているファンドはどれかというランキングなど様々です。

ネット上ではいろいろなサイトで投資信託のランキングを発表しているものが数多くあります。

代表的なサイトとして価格.COMでは、販売会社の人気投資信託ランキング・週間アクセスランキングなどがあります。

また、テーマ別ラインアップ・分類別ラインアップなどで投資信託をわけて紹介しています。

次に、モーニングスターというサイトでは様々なファンドの格付け情報や最新の投信業界の動向などが
ランキング掲載されています。

どのようなものでも投資信託のランキングの見方としての注意点があります。
ランキングはある一定期間の騰落率をベースにしています。

ですのでこのランキング評価がファンドの良し悪しと直接つながらないことは一応覚えておいてください。

ランキングは投資信託を決める参考の1つにすぎません。
これ以外にも色々と調べて検討してください。
posted by 投資信託 at 15:39 | 投資信託

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。