投資信託の選び方その2.リスクとリターン率のバランスの重要性:投資信託安心通信



投資信託の選び方その2.リスクとリターン率のバランスの重要性

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを考えたほうが良いと思います。
なぜなら、投資信託の商品というのもそのもの自体がリスクのある商品だということをまず認識しておいてください。

よく耳にするのが投資信託は、ハイリスクでハイリターンだということをだと思います。
あなたも聞いたことがあるかもしれませんね?

しかしローリスクでローリターンというファンドも中にはあるかもしれません。

では投資信託のリスクとリターンとはどのようなものでしょうか。
あなたぱご存知ですか?
投資信託を選ぶときにはリスクとリターン率おバランスと入ったもののリスクとリターンがわからなければ意味がありません。

まずリターンというのは、ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのかということを収益率に換算したものです。
値上がり以外にも値下がりにも対応しています。

普通には、基準価額の値上がり分に投資信託分配金の受け取れる分を足したものが年率で表示されています。

そして投資信託のリスクというのは危険性です。
またリスクとは、損失の事という意味として理解されてもいいと思います。

大体投資信託ではリターンが大きいと見込まれているということは実はリスクも高いということがセットになっています。
そしてリターンが小さいということは、リスクも低めというのが常識です。

投資信託を選ぶときには、最悪のリスクを自分がどの程度負担することが出来る考えましょう。
そして、リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶということが一番重要だと思います。

リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょう。
そうすれば投資信託で失敗するこもないでしょう。
posted by 投資信託 at 22:27 | 投資信託その2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。