投資信託の仕組みご存知ですか?:投資信託安心通信



投資信託の仕組みご存知ですか?

投資信託とはどういった仕組みなかあなたはご存知でしすか?

投資信託の仕組みは、投資家から集められた資金をもとに販売会社・運用会社・管理会社の3者が役割を分担します。
そして、効率的に運用されている仕組みを投資信託というのです。

投資信託の募集・購入や換金、および分配金・償還金の支払いなどは、証券会社で行う仕組みとなります。
そして、証券会社では投資信託に関するさまざまな質問や相談も気軽受けられます、

こうしてみると、証券会社は個人投資家と投資信託をつなぐ窓口になっています。

また、運用会社が直接投資家に投資信託を販売する場合もあります。
うれしいことに法改正で銀行、信用金庫、信用組合、保険会社などでも投資信託を購入できるようになりました。

次に、運用会社である投資信託会社などで、その資金をもとにファンドを組成します。
そして、管理会社へ運用の指図を行う仕組みです。

投資信託は、運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資します。
このようにしてファンドは、資金の管理を行います。

このように運用によって得られた収益は、販売会社などを通して投資家へ
還元されます。

このとき分配金や基準価額へ上乗せされます。

長引く超低金利と将来受取る年金や退職金に対する不安がある時代です。

リスクヘッジを考えてお金を「貯める」だけでなく、「殖やす」ことも
これからの時代必要になってきます。

今まで「殖やす」ことに興味がなかった方も、将来に向けて中長期的な運用に適している
投資信託の仕組みを利用してみてはいかがでしょうか?

バランスのとれた資産作りをしてこの激動の時代を乗り切りましょう。

いかがでしたか?資金を増やすということをやってこられてこなかった方は投資信託などに
対して不安を感じるかもしれませんね。

たしかに、確実に資金が増えるという保障はありませんが、現在は自治体すら破産する時代です。
安全神話は完全に過去のものとなりました。

少しでもリスクヘッジをするためにも投資信託を利用してみてください。
posted by 投資信託 at 13:44 | 投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。