投資信託の種類:投資信託安心通信



投資信託の種類

ここでは投資信託の種類について見ていきたいと思います。
投資信託の種類は、運用対象によって大きくわけて2種類です。

株式投資信託と公社債投資信託という種類になります。

ではまず株式投資信託につして見ていきましょう。
株式投資信託という種類は一般に、株式を組み入れて運用することができる投資信託です。
株式を中心に、債券やCD・CP、コールといった短期金融商品も運用対象となります。

しかし約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用する種類も存在します。

では株式投資信託の買付けの分類をみていきましょう。
一定期間しか募集しない単位型と、いつでも購入できる追加型の2種類があります。

株式投資信託では、値動きが大きくもっともリスクの大きい商品です。
株式の投資先は日本株に投資するものと外国株に投資するものとがあります。

株式は大幅な値上がり益を得ることも出来ます。
しかし、大きく損失を出す恐れもあるというのが株式投資信託の特徴なのです。

次に公社債投資信託についてみていきます。
公社債投資信託という種類は、株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に運用していきます。
また、公社債投資信託は短期金融商品も運用対象としています。

しかも、商品の種類もいろいろあります。
ちょっと商品の種類を見いいきましょう。

MMFや中期国債ファンドなどのようにお金の必要な時に当日に換金ができる種類のもの、
または1年複利効果が期待できるもので期間が自由なものなど、

好収益に加えて使い勝手に優れた便利な種類がめじろうしです。。

この公社債投資信託をお勧めの人は次のような方です。
緊急な事態のために備えたお金を運用したい人。
近い将来使う予定のあるお金の運用をしたい人。

こういったニーズに最適な投資信託の種類です。

こういったことをみていくと公社債投資信託はその性質上、値上がり益を狙うというのは期待できません。
利息収入を重視する商品なのです。

これは値動きが小さいぶんリスクも小さくなります。

ここで、いままでのことをまとめてみたいと思います。
まず、ハイリスクハイリターンを期待する人は株式投資信託を選択したほうが良いでしょう。
ただし、余っているお金を投資するようにしてください。投資資金が減ることも十分考えられます。
まちがっても生活費をふやすためにこちらに投資してはいけません。

また、ハイリスクは背負いたくないという方は公社債投資信託を選択してみたらよいでょう。
利回りはそれ程よくありませんが、安定しているので株式投資信託よりも安心です。

posted by 投資信託 at 11:10 | 投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。