郵便局で扱う投資信託あれこれ:投資信託安心通信



郵便局で扱う投資信託あれこれ

郵便局(日本郵政公社)で取り扱っている投資信託には、ゆうゆうファンドシリーズと呼ばれています。、

ではここで郵便局で取り扱っている投資信託の種類をみていきましょう。
次のものがあります。

・野村世界6資産分散投信
・大和ストックインデックス225ファンド
・GS日本株式インデックスプラスは昔から販売されている郵便局で扱う投資信託ファンドです。、

また、2006年6月12日から新規に追加された郵便局で扱う投資信託ファンドがあります。
・住信日本株式SRIファンド
・日興五大陸株式ファンド
・日興五大陸債権ファンド(毎月分配型)
・DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)などです。

郵便局の野村世界6資産分散投信については、複数資産へ投資することでコースを選択可能にした投資信託なのです。

郵便局の大和ストックインデックス225ファンドは日本を代表する企業に投資します。
これは日経平均株価に連動するように日本の株式市場を代表する225銘柄の中から各業種ごとに銘柄を選出し手投資しています。


郵便局のGS日本株式インデックスプラスは日本株式に投資し、長期的にTOPICS(東証株価指数)を
上回る運用成果を目指す投資信託です。

また、郵便局で扱う投資信託で住信日本株式SRIファンドというものなどがあります。、
SRIとは社会的責任投資のことなのです。

企業は利潤の追求は当然です。
その利潤の追求は、企業を取り巻く人や組織、環境に対しても積極的に考慮し、
責任を負った上で行うことを要求されています。

こうした企業の社会的責任という視点の評価することで構築しているのがこのファンドの特徴なのです。
posted by 投資信託 at 09:19 | 投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。