不動産投資信託とは:投資信託安心通信



不動産投資信託とは

あなたは不動産投資信託という言葉をご存知ですか?

不動産投資信託とは、投資家から集めた資金等で不動産を所有します。
そして、その集めたお金の管理・運営を行ない、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当されるのです。
この新しい投資信託の仕組みを不動産投資信託と言います。

これまでの投資信託では、投資の対象は株式や債券など「主に有価証券」と決められていました。
しかし、2000年11月に施行された改正投資信託法によて不動産等を運用対象とする投資信託が認められました。
それが不動産投資信託の誕生のいきさつです。

不動産投資信託のメリットとしてあげられるのは不動産の賃貸料は定期的な収入です。
また、不動産は短期間に大幅に変動しないので投資家に支払われる分配金が比較的安定していることです、

値動きが相対的に小さいことも挙げられています。

また、賃貸料などは物価とともに値上がりする傾向にあります。
そのため不動産投資信託はインフレに強いとも言われるのです。

ただ、そうはいってもこの不動産投資信託にも問題点があります。

その不動産投資信託の問題点としては、第一に、金利上昇に弱い点が挙げられます。

これは投資法人が不動産を購入するために借り入れを行うため金利上昇に不動産投資信託は弱いのです。
現在は低金利で借り入れを行っても金利コストは低く抑えられます。

しかし、いったん金利が上昇すると金利の負担は大きくなります。
また、安定的な賃貸料収入が期待されると言っても、優良テナントがビルから退去した場合や不景気によりテナントが入らない
時、賃貸料を引き下げなければならない、ということも起こる可能性があります。

不動産投資信託はまた、新しい商品です。
情報開示などの点でもまだ十分とはありません。

不動産投資信託はこのような問題があります。

どうでしたか?こういったことを考えてリスクを把握して
投資先として選んでみるのも良いかもしれません。
posted by 投資信託 at 22:02 | 投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。