投資信託の比較:投資信託安心通信



投資信託の比較

投資信託はどこが良いのか解らないですよね?
投資信託は大きく分けると2つに分類されます。

公社債投資信託と株式投資信託です。

MMFや中期国債ファンドなども公社債投資信託に分類されます。
公社債投資信託を比較・分類する際のチェックポイントは主に債権の残存期間となります。

また、外貨MMFでは通貨や金利の比較も重要となります。
規約上株式も組み入れ可能である投資信託ということで株式投資信託に分類されます。

世界中の公社債に分散投資している投資信託としても規約上は株式の組み入れが可能なため株式投資信託に分類されます。
株式投資信託は投資する国や地域、株式と公社債の組み入れ比率などを比較することにより商品性を比較することができます。


投資信託の比較には次のようなものを検討してください。
純試算額、リスク・リターン、運用コストです。
例をあげれば株式投資信託の販売手数料は投資信託を販売している銀行や証券会社ごとに異なります。、

ですので、よく調べて余分な費用をできるだけ少なくしましょう。。

見るべき対象をあげると、

手数料で比較、
注文機能で比較、
取扱商品で比較、
外国株で比較、
信用取引で比較、
情報ツールで比較、
ユーザーサポートで比較などです。

取扱商品の比較ということでは、取扱商品が多ければ分散投資も可能になります。
また投資の成功の鍵は情報の多さです。
そういった理由からも、情報ツールの多さも大切です。

人気の株主優待情報や投資アドバイスなどの情報は、多くあるほど売買タイミングを判断するのに役立ちます。

あなたも大切なお金を預けるときはしっかりと比較検討してください。
posted by 投資信託 at 10:01 | 投資信託
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。