日経225連動型の上場投資信託の紹介:投資信託安心通信



日経225連動型の上場投資信託の紹介

日経225(日経平均株価)とは、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象として算出する株価指数です。
これは、東証株価指数(TOPIX)と並んで日本を代表する株価指数です。

日本経済新聞社が毎分、算出・公表しています。
また、著作権なども保有しています。

なので、「日経」を名称に冠しているのです。

日経225に関するETFが代表的なものといえます。
ETF(株価指数連動型投資信託)とは、取引所で取引される株価指数連動型の投資信託のことです。

ここでいう「Exchange」とは証券取引所のことのようです。
ETFの正式な名称は「株価指数連動型投資信託」らしいです。

銘柄としては、ダイワ上場投信-日経225(大和證券投資信託委託)・日経225連動型上場投資信託(野村アセットマジメント)・iシェアーズ日経225(バークレイズ・グローバル・インベスターズ)・上場インデックスファンド225(日興アセットマネジメント)などがあるようですね。

またインデックスファンドなので、どの銘柄の値動きもほとんどおなじようですね。
どれを選ぶかは、手数料や自分の手持ちの証券口座などによります。

日興の投資信託などなら、投信スーパーセンターが手数料がお徳ですよ。

野村アセットマネジメントが運用をしているETFの一つで紹介しておきましょう。
それは、日経225に採用されている、または採用が決定された銘柄の株式のみに投資している投資信託があります。
これは投資家の皆様の投資元金は保証されているものではありません。

市場取引価格または基準価額の下落により、損失がでることもあります。
そのことを覚えて覚えておいてください。
posted by 投資信託 at 09:00 | 投資信託その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。