海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは:投資信託安心通信



海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは

海外ETF(指数連動型上場投資信託)とは各種海外株価指数への連動を目的に運用される投資信託のことです。
これは、外国株式と同じように海外証券取引所に上場され、海外証券取引所を介して売買されています。

一般の投資信託の場合は、その日の基準価額でしか買付・解約申込みを行えません。
しかし、海外ETFの最大のメリットは「株価指数に連動することを目的に運用されているというわかりやすさ」です。

また「分散投資のメリット」を備えつつ通常の外国株式と同じように市場での指値注文が可能なことがあげられると思います。
(海外委託取引の場合)。

また大和証券では一部の銘柄については国内店頭取引も設定されているそうです。
売買ルールも外国株式と異なる特別なルールなどはないそうです。

海外ETFのメリットは株価指数への連動を目的に運用されるため値動きがわかりやすいことです。
ですからく、相場を見ながらリアルタイムで売買ができます。

一般の投資信託と比較して信託報酬が安く設定されています。
ですので、長期投資にも最適でお勧めできます。

また幅広い銘柄への分散投資が行われます。

ですので、個別株式への投資と比較して、リスクの分散ができるようです。
このようなことが海外ETFのメリットでしょう。

また海外ETFの投資に対する注意点があります。
それは、前にも述べた為替リスクの存在に加え、情報の少なさです。

日本語での情報を得ることが難しい商品もあります。
そのため、初心者の方にとっては数ある商品の中から自分に合う商品を選ぶことがかなり難しいと思っておいてください。

ですから、最初は分散効果が高い複数の国の市場に連動する商品から始めましょう。
そして徐々にETFが広がりを見せる中で情報も集まってくることと思います。
このように簡単なことからはじめて段階的にあげていったほうが良いでしょう。
タグ:海外ETF
posted by 投資信託 at 08:20 | 投資信託その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。