投資信託と税金との関係:投資信託安心通信



投資信託と税金との関係

投資信託に係る税金は大きく分けて2つあります。
ひとつは譲渡・解約・償還したときの損益にかかる税金です。
もうひとつは信託収益の分配を受けたときにかかる税金です。

現在異常な低金利が長く続き、個人の投資ブームより投資信託を購入する人が増えています。

ですのでここでは投資信託の収益の確定申告はどうすればよいのか、ポイントを見ていきます。
まず投資信託を購入すると収益分配金が得られます。

また解約した場合には、分配金のほかに解約差益・償還差益や売却益が発生します。
これらは、それぞれ税制上の取り扱いが異なります。

また、投資信託の種類によっても税制上の取り扱いが異なります。
このへんは少しメンドクサイですね。

株式投資信託の収益分配金は受取り時に税金が源泉徴収されています。
ですので確定申告は不要です。

株式投資信託を売却・解約した場合、あるいは株式投資信託が満期を迎え償還された場合などは、収益分配金のほかに売却・解約・満期償還による損益が発生します。

ですので、税制上の扱いがそれぞれ異なります。

公社債投資信託の収益の分配金は、所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税です。
また公募・契約型の株式投資信託の収益の分配金は、配当所得に該当します。

これは利子所得並の所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税の制度が採用されております。

特定株式投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に、20%の税率による所得税が源泉徴収されます。
これは、総合課税の対象となります。

不動産投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となります。
これは株式配当と異なって配当控除の適用はないです。

なお、不動産投資信託の収益の分配金については、少額配当の申告不要制度や源泉分離課税の適用があるようです。
あなたも投資信託で資産を運用するのならば税金に対する知識も持っておきましょう。
posted by 投資信託 at 08:28 | 投資信託その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。