投資信託運用報告書のポイント:投資信託安心通信



投資信託運用報告書のポイント

投資信託の運用報告書とは、購入したファンドがこれまでどのような運用がなされ、実績はどうだったのか、また、現在の経済・金融情勢を踏まえ、今後どのような方針で運用されていくのか、などを詳しく説明したものです。

これが運用報告書といわれるものです。

この運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されます。
投資信託運用報告書の内容は、運用実績、分配金、投資環境、運用経過と基準価額の推移、今後の運用方針などの説明です。

また、費用の明細、組入銘柄、主な売買銘柄、損益状況などについても載っています。
しかも図表で載っています。

また運用報告書には、過去のパフォーマンスの推移が表示されています。
これは、ベンチマークと比較することが可能です。

ベンチマークより好パフォーマンスかどうかをここで確認しましょう。
そうすることでファンドの動向が分かります。

インデックスファンドはベンチマークと同じ値動きを目的としています。、
またアクティブファンド はベンチマークを上回ることを目的としています。

運用報告書には、これ以外に運用経過として、実際の運用成績はどうであったか、ということとその理由について説明しています。

ここでパフォーマンスが良いに越したことはありません。
しかし、たまたま偶然の成績であることもあります。

逆に、現在の成績がさほどよくなくても、長期的に好パフォーマンスの可能性を秘めているものもあります。
こういったことは投資信託運用報告書で意外に見落とされがちです。
しかし、純資産残高の推移も重要です。

長い間人気ファンドといわれているものは、そのファンドにほれ込んで長期で保有している人もいます。
しかし、新規で買う人も多いようです。

こうして、残高が徐々に増えていて、安定感がありますよね。
posted by 投資信託 at 08:48 | 投資信託その3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。