投資信託の手数料の参考:投資信託安心通信



投資信託の手数料の参考

ここでは投資信託の手数料について紹介したいと思います。
投資信託の手数料は、投資信託を行う人にとってはとても重要なことです。

一体投資信託の手数料というのはいくらくらいなのでしょうか。
あなたはご存知ですか?
投資信託の手数料はそれぞれ投資信託の時期によって支払う投資信託の手数料は違ってきます。

まず投資信託を購入したときに必要な投資信託の手数料には、申込手数料というのが必要になってきます。
これはファンドごとに違っています。

しかも手数料には消費税も加えられます。

そして投資信託の手数料には、収益分配時にも手数料がかかってきます。
所得税や地方税です。

そして投資信託の手数料は、換金をする時にも必要になってきます。
換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのです。

この投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、場合によっては換金手数料が無料のファンドもあります。
投資信託の手数料には信託報酬というものがあるようです。

投資信託を運営している遠泳会社の収入なのですが運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われる形になります。
そして投資信託の手数料には、信託財産留保金と呼ばれる手数料が必要です。

この投資信託手数料は投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。
また、解約手数料が必要になるファンドもあります。
その場合には投資信託手数料として、解約手数料が必要になってきます。

あなたも投資信託を選ぶときは十分手数料を比較検討して出来るだけ手数料は安くしたいものですね。
posted by 投資信託 at 07:24 | 投資信託その2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。